• みお

下半身痩せ特集!


みなさんこんにちは!

パーソナルトレーナーのMiOです!


・太ももが昔から太いんです…

・お尻が大きく見える…

・ふくらはぎはいつも張ってて、足首が太い…


私がパーソナルトレーナーを4年間やってきて、

よく聞く女性特有のお悩みです。

走ったり、がむしゃらにトレーニングをしても

正しく体が使えてないとその頑張りも逆効果です。

今日は、なぜ下半身が太く見えてしまうのか。

をご説明していきます。

そして今月は、下半身痩せに

効率よく近づけるストレッチ、エクササイズを

ご紹介するのでお楽しみに!


下半身の張りの原因は人それぞれ違いますが、

大体はこの二つに当てはまる方が多いんです!!


①骨盤の傾き

女性の多くは骨盤が前に傾いている方がほとんどです。(ここからは前傾と言いますね。)

骨盤を正しい位置でキープするには、お尻、内もも、腹筋が主に必要になってきます。

ただ、人間の体はどうしても楽をしてしまう生き物です。

お尻は意識しないと使いずらい筋肉です。

すると、下半身は前ももで頑張ってしまい、

どんどん骨盤が前に引っ張られてしまいます。

それが前ももが張り、横から見ると太ももが太く見える理由です。


③足首の硬さ

足首が硬いと足裏の全体に体重がうまく乗らず、多くの方が小指の方ばかりに力が入ってしまいます。

ブロックを何個も載せていく時、下のブロックがずれていると上に乗せるブロックで調整しますよね?

体も同じなんです、小指(足裏の外側)で頑張りすぎると、体がバランスを取ろうとして膝は内側に入ってきます。

すると内ももの筋肉が引っ張られてお尻が外に向く姿勢になっちゃうんです…。

結果お尻が大きく見えてしまう、下半身がすっきりして見えない、ということが起きてきます。


なので下半身やせの近道は

①骨盤が正しく使えるようになること

(前もものストレッチをして柔らかくする、お尻が使える体になること)

②足首の硬さをなくし、足裏全体で体を支えられるようになること

(内もものストレッチで柔らかくする、足首を動かしやすくする)


ということになります!

実際に私が担当させていただいているお客様の

トレーニングの途中経過をお見せします。






このお客様はもともと膝が内側に入っており、

外ももが張っている姿勢でした。

なので、お尻のトレーニング、内もも、前もものストレッチを行い、最後にお尻、内もも、腹筋が同時に使えるようにエクササイズを行いました。

写真の図から見てわかるように、脚がだんだんまっすぐになり、ふくらはぎらへんもスッキリしています!


皆さんも一緒に頑張りましょう!

次回は下半身痩せに効く!ストレッチを

紹介しますのでお楽しみに!!

閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示