• めい

★コスメオタクめいの日焼け止め講座★

はじめまして、めいです⸜( ॑꒳ ॑ )⸝

夏真っ盛り、暑い季節が続きますね…

日差しが気になる季節です☀️

紫外線は老化の大きな原因の1つ。

数十年後の自分のために、今から日焼けを防止していきましょう!

私が実際にやっている日焼け対策を豆知識と共にご紹介します♪


◾️SPF・PAについて。

〇SPF(1~50+)・・・短時間で肌に炎症を起こし黒化につながりやすくなるUVBを防ぐ指数

〇PA(+~++++)・・・黒化を引き起こし、長時間かけて肌の弾力を失わせるUVAを防ぐ効果を表す目安。




◾️私の日焼け対策

《結論》日焼け止めのSPF・PAで使い分けする。

数字が大きく、+が多いほど日焼け止めとしてのスペックは高いです。その分もちを良くするために油や紫外線を防止する成分が多く含まれていたりします。日焼け止めの落ちにくさや逆に肌荒れに繋がることもあるのでシーンによって使い分けます。


①軽いお出かけのとき

▷▶️日焼け止めと羽織を併用


ちょっと外出したい時・オフィスに向かう時は、スプレータイプやスティックタイプの日焼け止めでササッと。あとは羽織に光の侵入、散乱をお任せします。

直射日光に当たる時間が10-20分くらいであればこのくらいで問題ないです。


②がっつり外出のとき

▷▶️高SPF・PAの日焼け止めを塗り直す



SPF・PAが高くても汗、皮脂、摩擦でその効果は少しずつ落ちていきます。2時間を目安にこまめに塗り直しています。


◾️その他日焼け止めで気をつけること。

(1)服に付いてしまった日焼け止めの成分と塩素系漂白剤が反応すると、ピンク色に変色しちゃうことがあります。

以下2点で対策をとりましょう⚠️

・日焼け止めは予め落としてから洗濯

・酸素系の漂白剤を使用する



(2)日焼け止めは毎年買い換える

日焼け止めは油性成分の配合が多く、酸化が進みやすいです。

酸化した油はお肌の老化の原因になっちゃいます。できるだけワンシーズンで使い切りがベストです。



ちなみに、最近「よく飲む日焼け止め」というのをよく目にしますが、おまじない程度に考えておいた方がいいです(><)

飲む日焼け止め単独で、紫外線から、肌を適切に守るという科学的根拠は無いそうです・・・(小声)

日焼け止め、日傘などで直接紫外線を防御するものとの併用が良いです。



個人差はありますが、私はこの方法で数年は大きな日焼けせずに住んでいます。

海やレジャー、旅行など外出することも多い夏。

参考になれば幸いです♡*




閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示